忍者ブログ

作家を目指す管理人の公募記録。2006年6月30日の公募から記録しています。その他、雑談も記しています

2017 . 10
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    プロフィール
    HN:
    三日月
    年齢:
    37
    HP:
    性別:
    女性
    誕生日:
    1980/02/12
    職業:
    主婦
    趣味:
    読書・カラオケ
    自己紹介:
    高校生の頃から作家を志す。
    得意ジャンルは短編小説・ショートショート。
    ※現在子育て奮闘中で、公募はお休み気味です。

    ★当ブログはlink free! リンクしてくださる方は、一言コメントにお願いします。
    <バナーは↑(プロフィール欄の一番上)をお持ち帰りください。直リンク禁止です>
    天気予報

    -天気予報コム-
    公募予定の賞
    ①「第20回 リブランの創作童話募集」
    〆切:2008年1月31日
    結果待ちの公募

    ①「第6回 子育て・子育ち ことのは大賞」
    発表:2008年3月上旬

    ブログ内検索
    アクセス解析

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日、久々に実母と喧嘩しました( ̄△ ̄#)
    「幾つなんだ、お前は!?」と突っ込みが入りそうですが・・・どうにもこうにも腹が立つことを言われたので、私も意地です。
    年末、実家へ行く計画はなくなりました(苦笑)

    事の発端を説明しますと・・・
    昨日のブログにもちょこっと書きましたが、私、実家に帰っている間に友達と忘年会をする予定でした。
    でも、最近人見知りがすごく激しくなってきた娘を置いて行くのは無理なので(私の実母と2人になると、娘はギャン泣きします)、娘を寝かし付けてから、遅れて忘年会に行くつもりでした。
    娘は夜寝ると朝まで起きないので大丈夫だろう・・・という私の判断です。
    どうやらこの私の考えがいけなかった様で・・・( ̄。 ̄;)

    実母との電話のやり取りは以下の通りです。

    私:「○○日、友達と忘年会するからよろしく~♪」
    実母:「何言ってんの? 絶対にあかん!!」
    私:「え? なんでよ?」
    実母:「(娘)が泣くやろ!!」
    私:「(娘)は夜7時半頃に寝たら朝まで起きへんから、寝かし付けてから行くよ」
    実母:「絶対にあかん!!」
    私:「なんでよ。ちゃんと寝かし付けてから行くから」
    実母:「絶対に泣く!!」
    私:「だから朝まで起きへんって」
    実母:「いいや、絶対泣く!! 泣いたら近所迷惑や!!」
    私:「たまに実家に帰った時くらい友達と会わせてよ。こんなんじゃ、何のために実家に帰るんか分からんわ!!」
    実母:「帰ってこんでもええねん!! 母親の自覚を持ちなさい」
    私:「何よ、それ!! あー、そうですか! 分かりました!」

    ガチャン!!

    電話、切ってやった!!(笑)

    そして、電話を切ってから会話をよ~く思い出してみると、いろいろ腹が立ってきて、もう一度実家に電話をして

    「26日からそっち帰るのやめたから」

    そう言ってやりました!!
    でかした、私(爆笑)

    たしかに子どもがいるのに忘年会に行く約束をした私がいけなかったのかも知れません。
    でもでも、ちゃんと寝かし付けてから行くつもりでしたし、忘年会に行ったとしても、あまり長居はしないでおこうと思っていました。
    それなのにぃぃぃ!!
    「泣いたら近所迷惑」だとぉぉぉ(` 曲 ´)
    ウチの可愛い娘を何だと思ってるんだ!!
    例え泣いたとしても、赤ちゃんなんだから仕方ないだろ!!
    なにが「母親の自覚を持ちなさい」だぁ!?
    そんなの娘がお腹にいる時から自覚しとるわい!!
    ここまで言われて、誰が実家に帰るものですかっ( ̄ヘ ̄)

    ということで・・・年末は自宅で過ごします、ハイ・・・。
    忘年会もお断りしました・・・。
    ごめんね、友達~(TOT)

    あっ、そうそう。
    実母との電話が終わってから、怒りのぶつけ所がなかったので、姉に電話をしてさんざん愚痴ったのですが「子どもかっ!!(笑)」と言われてしまいました(^^;)

    えぇーい、子どもでも何でもいいんだいっ!!
    とにかく私は

    むかついているのだー!!

    あ~、スッキリした(笑)

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    無題

    そうだったのですか・・・。
    三日月さん、さぞがっかりされたことでしょう・・・。
    だって、ご実家に預けなければ、どこへもできない、
    何もできない時期ですもの。
    私は、実の父親に言われましたね。
    「子どもを預けてまで遊びたい親なんてケシカラン!」
    って。
    ですから、美容院や病院に行くときしか子どもを
    頼めませんでした。
    (本屋にすら行けず・・・。
     長男が幼児、次男が乳児の頃は、
     銀行・郵便局・スーパーマーケットにしか
     行けなかったわ~~~。
     しかも、背中に次男、右手に長男)

    私は29才で長男を出産したので、30代は
    まるまる子育て期間。
    時々、
    「私の30代を返してー!」って言いたくなります。
    だけど、あの頃があったら、三日月さんのブログに
    こうして立ち寄っていると思うのよね。
    出産後のブログを拝読していて、じわっと涙が
    浮かんでくるときもあるの。
    お役には立てないけれど、三日月さんから
    「ありがとう」って言われたときには
    私の30代は無駄じゃなかったのかな、と思い、
    こっちこそお礼を言いたくなりましたよ。

    40才ジャストの現在、息子たちは二人とも小学生。
    昼間は思いっきり自由だよ~(笑)
    一人で映画にも行けますよ。
    ここまで待たなくても、
    「ちょっとおばあちゃん(またはお父さん)と
     お留守番していてね」って一人で外出できる日は
    来ますよ。

    今回は残念だったけど、もしかしたら、考え直して
    「やっぱり預かるよ」ってお母さんが言ってくれるかも
    知れないし。
    あんまり引きずらないようにしてね♪

    (長々とごめんなさい)

    通りすがりのモノ 2007/12/22(Saturday)10:20:19 Edit
    がっかりです(><)

    通りすがりのモノさんへ

    通りすがりのモノさんも、私と同じ経験をされたのですね。
    実の親に言われると辛いですよね(><)
    安心して子どもをあずけることが出来る存在って、やっぱり実の両親なのに、その両親にまで突き放されたら、なんだか虚しい気持ちになっちゃいます、ハイ・・・( ´△`)

    以前、娘を母にあずけて出かけたことがあって・・・その時、私がいない間娘はずっと泣きっぱなしだったそうで・・・。
    どうやらその出来事が母の中でトラウマになっているみたいなんです( ̄。 ̄;)
    はぁ~、もちろん忘年会も楽しみでしたが、何よりも実家に帰ることがすごく楽しみだったのに・・・。
    ホント、がっかりです・・・(*_*)

    こちらこそ通りすがりのモノさんには何回「ありがとう」を言っても足りないくらいです!!
    通りすがりのモノさんの言葉が、どれほど心の支えになっていることか・・・。
    通りすがりのモノさんは、私にとって、とーーーっても大切な存在です(*^^*)

    三日月 URL 2007/12/22(Saturday)23:07:15 Edit
    この記事へのトラックバック
    Trackback URL
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]